デジタルイメージ

診療内容

症例一覧

中耳炎

  • 急性中耳炎:耳だれ、耳づまり、発熱、難聴、耳の痛みなどを感じます。小さい子供は、痛みを訴えられず泣いたり、頻繁に耳をさわることが急性中耳炎の危険信号です。中耳に細菌やウイルスが入ることにより引き起こされます。

  • 滲出性中耳炎:難聴・耳つまり感・耳鳴りが症状として挙げられます。子供の場合はほとんど痛みも発熱もなく気づきにくいです。『テレビの音を大きくする』『大きな声でしゃべる』ときは一度お越しください。

  • 慢性中耳炎:耳だれと難聴が主な症状です。鼓膜は再生能力が強く穴が生じても自然に閉じますが、炎症が長期化すると閉じない場合もございます。治療法としては原因を特定し耳を乾燥させる治療を行います。

副鼻腔炎

  • 急性副鼻腔炎:症状として『鼻づまり』『頭痛』『顔面痛』『顔面腫脹』『頬の圧痛や違和感』がございます。発熱は軽微です。

  • 性副鼻腔炎:主な症状は鼻づまりや鼻汁、嗅覚の低下です。細菌の影響により気管支炎を起こすこともございます。心理的原因として鼻汁が喉に回り不快感が増し、仕事や勉強の集中力を妨げます。

めまい

  • 良性発作性頭位めまい症:比較的多い疾患で、自分や周囲がぐるぐる回転するような不快感に襲われます。頭部の位置変化が引き金となって起こります。

  • メニエル病:発作がないときは全く無症状ですが、回転するようなめまいが起こったときに、難聴や吐き気、耳閉感や耳鳴りを伴うことがあります。

  • 突発性難聴:突然聴力が低下するだけでなく、めまいや耳鳴り、耳閉感などの症状も出ます。

  • 慢性中耳炎:内耳に炎症が起こり、慢性化してしまうとめまいを伴うことがあります。

  • 前庭神経炎:難聴や耳鳴りは見られず、回転するような激しいめまいが数日間続く場合があります。まだ解明されていない部分が多い疾患です。

花粉症

  • 花粉症は季節性のアレルギー性鼻炎です。鼻や喉・耳・目などの皮膚に、植物の花粉が接触することによって、『くしゃみ』『鼻水』『鼻詰まり』『喉・耳・目のかゆみ』『咳』の症状を引き起こします。

医療器具

当院で受けられる予防接種

  • インフルエンザワクチン

  • 日本脳炎ワクチン

  • 麻しん 風しん

  • 水痘ワクチン

  • おたふくかぜワクチン

  • B型肝炎ワクチン

  • 子宮頚がんワクチン

  • 肺炎球菌ワクチン

  • ヒブワクチン

  • 2種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風):小学6年生対象

  • ポリオ不活化ワクチン

注射器